本文へ移動

恭子のいい(良い)加減着物術

買い物上手になりましょう

毎日の着物暮らしの中から生まれたいい加減(良い加減)着物の術をお教えいたします。

■買い物上手その1■

選りすぐった品物がたくさん揃うのは…
夏物を仕入れするのは1月~2月、秋冬物を仕入れするのは3月~5月。
あのお客さまには、これが似合いそう、これなら皆様が喜んで着ていただけそう、そんなことを思いながら選びます。
次のシーズンにはこんな物がほしい、というメッセージを、この時期までに伝えておいてくださると、仕入れのときに適品を選べます。
そんなことしてもらっても、気にいらなかったり、買えなかったりしたら悪いから…なんて思わなくていいのです。
一生懸命選んで仕入れた品物は、その方がお買いにならなくても、力が入った輝いた商品になるからです。(恭)
 
 

■買い物上手その2■

何のために買うか、予算はどれぐらいなのか、ご自分のイメージしている品は?
好みの色や柄を伝えていただければ、それに適した品物をお見せしやすくなります。
お見せした品や展示してある品から、好き嫌いをお知らせください。
洋服と違って分からない、とおっしゃる方も多いのですが、洋服のお好みをまず教えていただければ、同じ方向性なのです。(恭)
 
 

■買い物上手その3■

バーゲンセールだからといって、残り物、悪い物ということではありません。
吟味して選んだ商品が、たまたま出会うお客様にめぐり合えなかっただけのことです。
うちでも、いろいろな人が、これ素敵といいながら、売れ残るときがよくあります。
いつも結婚と一緒だと思います。(恭)
 
 

■買い物上手その4■

予算のある方は、先にお知らせください。
たとえば、15万で喪服ひと揃いとか言ってくだされば、長襦袢は化繊にして、帯、着物は値段によって黒の色が分かるので、きちんとしたものを揃えるなど、こちらも値段に応じておすすめします。
呉服の値段は、まず、糸の良し悪しで違い、作る工程の難易度によって違います。さらに、染物なら柄が多ければ、のりをたくさん使い高くなり、織物なら絣の細かいものほど高くなります。
あとは、名の通った作家の格によって違ってきます。予算を落としていくには、まず、有名作家でないものにします。作家が有名であれば、それだけで2倍~10倍に、工賃が跳ね上がります。
その次に細かい織物、柄たくさんの染物でないものにします。
最後に糸。中国産の絹糸になると、値段が下ります。
もともとシルクロードで中国から、絹は来たのですから、中国絹が単純に悪いと決めてはいけません。実際、工賃の安さから、今ほとんどの絹製品は中国産になってきました。
国産でも中国産でも、糸に弾力がないものは、シワがよりやすくなります。ですが、予算の最後の手段は、糸質で落とすことになります。
予算上、化繊ということも考えられます。(恭)
 
 

■買い物上手その5■

バーゲンも上手に利用しましょう。
うちの場合ですと、2月決算ですので、1月末に在庫一掃ということで、一番安くなります。
在庫で何年か経っているものは、半額からさらに2割引にしたりして、仕入値段を切る出血サービスの期間です。
吟味して、仕入れたり染めたりした商品ばかりですが、たまたま出会うお客様がなかっただけのことです。
7月には、夏物が同じようにバーゲンになります。(恭)
 
 

■買い物上手その6■

うちでは毎月20日に「あうとれっと市」というのを開きます。一日だけ問屋さんに、処分したい商品を、処分価格で出してもらい、うちでも掛け率をいつもより低く押さえて、これに札をつけます。
その代わり、現金かカードで、お客様にも当日お支払いをしていただきます。問屋さんに安く出してもらうので、問屋さんへの支払いも即金でするためです。
この商品は、こちらで選ばず、問屋さんの都合で持ってきます。それで、いつもの丁子屋好みではない方にも喜ばれています。(恭)
 
 

■買い物上手その7■

着物を安く買う手段としては、古着の購入になります。
しつけがかかったままでも、一度裁ってしまったものは、半値以下から十分の一の価格になってしまいます。
それでも、手を通さずにいる衣類が、喜んで着てもらえるようになった方がいいと思います。
寸法の合わないものも、裄直し・袖丈直しでしたら安くできます。仕立て直しても本当に気に入ったものなら、新品よりずっと安く手に入ります。
着物初心者は、まずここから入るといいでしょう。自分には何が似合うのか、何が着易いのか、勉強代としてもお安いものですから。
うちでは、古着を「懐古布(かいこふ)」と称して、常時販売しています。(恭)
 
 

■買い物上手その8■

値引きを強要される方がいらっしゃいます。
うちでは、他店より値入り率を低くしていますので、お得意様は「ほかで買ったらこれ位なのよね」などとおっしゃって、喜んでいらっしゃいます。
値引きをしたら、正価で喜んでお買いくださるお得意様に申し訳ないのです。ですから、いっせいに値引きするバーゲンやアウトレット市、懐古布(古着)にいらしていただくよう、申し上げます。
なかには、値引き交渉も楽しみの一つという方もいらっしゃいます。掛け率の高い店で、そういう方は遊ばれたらいいと思います。
でも、値引きされた価格と、うちの価格が同じだったりするかも…。
信頼してくださるお客様には、価格でなく、他の面でのサービスがついてくるものです。(恭)
 
 

■買い物上手その9■

うちでも丁子屋積み立てという制度があります。
御希望の方は、毎月1口5,000円以上、積立てていただきます。11口55,000円貯まると店から5,000円のおまけがつき、60,000円以上の買い物ができ、なおかつ正価より5%引きになります。
先にお預かりしているということで、利息をおつけ出来ます。
丁子屋商品がお好みの方には、絶対お得な制度です。丁子屋にとっても、大切なお得意様印でもあります。(恭)
 
 
 
2019年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る