本文へ移動

恭子のいい(良い)加減着物術Q&A

<和装のお手入れと寸法について>

毎日の着物暮らしの中で生まれたいい(良い)加減着物術から皆様の質問、疑問にお答えいたします。

着物はどのくらいでクリーニングしたらいいのですか

お答えします

綿やウール素材のものは、洋服と同じに考えてください。
ウールは、汚れが残っていると虫がつきやすいので、きれいにしてから保管したほうがいいでしょう。
絹物は、シミがついたら、早めに処置すれば、ほとんど残りません。
衿、袖口裏、裾裏の汚れは、着終わったら、ベンジンでたたくように拭いておけば、そのままシーズンオフもしまって大丈夫です。
着る頻度の少ない礼装や喪服は、少しでも汗をかいたり、衿汚れがあれば、きれいにしてから保管しておくと、気持ちよく次の機会に着られます。
絹物は、洗う頻度を少なくするほうが痛みません。(恭)
 
 

夏の洗える着物は毎回洗ってもいいですか

お答えします

ポリエステルのものは、毎回洗濯しても、風合は変わりません。
綿、綿シルク、麻は、よほど汗をかいて濡れてしまったとき以外は、シーズンオフに洗えばいいでしょう。
洋服の綿シャツなども、1、2年はクリーニングに出し、少しよれっとしてから家で洗いませんか。
やはりプロの洗いは、素材の良さを残してくれます。
私は、浴衣は1年目から、綿シルクや麻は2年目から自分で洗います。(恭)
 
 

家で洗うときは手洗いですか

お答えします

ポリエステルの長襦袢は、洗濯機に無造作に入れて洗います。乾燥機に入れないで、衣紋かけに架けて室内干しです。
浴衣、綿、麻、綿シルクは、たたんでネットに入れ、ゆるい水流で洗濯機で洗います。脱水後、衣紋かけにかけて室内干しのあと、きちんとたたみ、薄いゴザをかけ、布団で寝押しします。
寝相の悪い私でも、よれたりしないで、朝には、アイロンをかけたようにピシッと仕上がります。(恭)
 
 

絹の半衿は毎回外して洗い、付け替えるのですか

お答えします

絹の半衿は、首にあたる部分が汚れていたら、ベンジン(薬局で 衿を拭きたいので、といえば違う名前「リグロイン」等を売ってくれます)で汚れをとります。
脱脂綿にたっぷり含ませて、汚れをたたき広げるようにします。揮発性のものなので、数分で乾きます。
この作業を繰り返して、汚れが落ちなくなった時に、初めて半衿を外します。(恭)
 
 

身幅の狭い着物をもらいましたが、どうすればいいですか

お答えします

上前の端を、体の右側の厚みの半分に合わせれば、下前が狭くてもごまかせます。
ただし、下前の端が体の真ん中くらいまでしか来なければ、少しかがんだだけでも前がはだけますし、下前の衿も引っ張られ、深く合わせることが出来ません。
着物は、縫込み(縫い代)があるものですから、仕立て直しをおすすめします。(恭)
 
 

身幅の広い着物をもらいましたが、どうすればいいですか

お答えします

上前の端を、右側の体の厚みの半分くらいに合わせ、余分は下前のほうに引きます。下前は、左側脇で手を止めれば、余分な布は、上前を重ねると自然に折り返されます。
脇が厚ぼったくなるので、下前のおはしょりを脇に上げ、上前おはしょり一枚だけにするといいでしょう。
下前の折り返しの端が、体の半分まできてしまうと、上前横から覗きますので、仕立て直しをおすすめします。(恭)
 
 

身幅の狭い襦袢なので衿が開いてしまいますが、どうすればいいですか

お答えします

衿止めベルトを、肩幅より短く調節します。まず下前衿を留め、背に回して上前衿を留めますと、衿合わせが引っ張られてはだけません。(恭)
 
 

丈の短い着物はどうしたらいいでしょうか

お答えします

腰ひもをいつもより下のほうに締めれば、おはしょりが下に出ます。
腰骨のあたりは不安定なので、補正をその辺までしっかりしないと、腰ひもが移動しやすいので、気をつけてください。
トイレの際も、下着の上げ下げが難しくなるので、ビキニ型(股上の浅いもの)をおすすめします。
着物は、内揚げといって、余分な布を入れてあるものもありますので、そういうものなら、余分を解いて仕立て直せば丈を長くできます。(恭)
 

襦袢丈が長く、着物の裾から出てしまいますが、どうすればいいでしょうか

お答えします

襦袢の裾が、床から8センチ位上になるように着ます。あまり布は、着物のおはしょりのように、腰ひもを1本腰上に締めて、もう1本でおはしょりの上から抑えます。
襦袢の衣紋を引きたいときには、手をおはしょり部分まで差し込まなければならないので、時間があれば、衿下あたりで揚げて、一回り縫ったほうがいいでしょう。(恭)
 
 

帯丈が長すぎますが

お答えします

 
袋帯も名古屋帯も、お太鼓をつくる部分の丈は、どなたでも同じですので、手先のほうを長く取ってください。
手先の長い分は、お太鼓の形を作ってから、背中心に向って背中側にたたみ込むように入れて、帯締めで押さえることができます。(恭)
 
 

帯丈が短いのですが

お答えします

帯の結び方で工夫できます。
手先を背中心で細くし、お太鼓側も二巻き目の背中心で細くしたものを、手先を上にして交差し、背中心でねじる方法が帯丈の節約になります。
それでも足りなければ、足し布を見えないところに入れて、仕立て直ししたほうがいいでしょう。加工代もそんなに高くないものです。 (恭)
 
 

藍の着物が色落ちしますが、どうしたらいいでしょうか

お答えします

まず仕立てる前に、色止めということをします。ですが、それでも完全ではありません。
先日私も、藍や他の草木染料を使った丹波布を着て、足袋や長襦袢の背の辺りなどが、青く染まりました。
ただ足袋は、ナイロンの足袋カバーをつければ、表面が木綿の足袋よりツルツルしているので、ほとんど染まりませんでした。
昔の人は普段着に藍染めのものが多かったので、濃い色の足袋をはいていたのでしょう。
襦袢は、絹でなく化繊の洗えるものを、帯は色がついても、惜しげのないものにするといいでしょう。(恭)
 
 

ハンガーにどのくらいかけておいてもいいですか

お答えします

まず、ハンガーでなく、着物は衣紋かけに掛けてください。
ハンガーに掛けると、肩幅の途中で下がり、変なくせが出てしまいます。衣紋かけは、横長ですので、型くずれしません。
体のぬくもり、汗取りのためだけに使い、長時間かけっぱなしにするものではありません。せいぜい半日から一日くらいたったら、たたみましょう。
長時間掛けておくと、ほこりもつくし、袷のものだと裏がたるんできたりもします。(恭)
 
 

絹地にアイロンをかけてもいいですか

お答えします

絹は、水や湿気で縮みやすいので、スチームアイロンは絶対に避けてください。
しわのところに手拭いをあて、低温のアイロンで押すようにかけてください。
それでもとれないときは、手拭いを濡らし、固~く絞ったもの(極力水気のないもの)をしわの上にのせて、低温で押さえるようにかけてください。
 
 

しわが気になりますが…

お答えします

折りたたむときに出来るしわは、おかしいものではありません。
気になるようでしたら、半日から一日衣紋かけに吊るしておけば、柔らかいしわになります。
敷布団の下に敷いて、寝押しをすれば、さらにしわがとれます。(恭)
 
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る