本文へ移動

恭子のいい(良い)加減着物術

着物の躾(しつけ)

毎日の着物暮らしの中から生まれたいい加減(良い加減)着物の術をお教えいたします。

■しぐさ■

階段を上がるときにコートの裾を踏んでしまった、とお客様に叱られたことがあります。
裾丈が長すぎたのではなく、褄(つま)を上げるように、手で引き上げるしぐさをしていらっしゃらなかったためだと思います。
ロングスカートのときは、やはり階段のお掃除をしているみたいな方もいらっしゃいます。
あのシンデレラが、帰る時間が来てあわてて階段を下りるとき、スカートの上部をつかんで持ち上げていたシーンがありました。
着物の場合は、ドレスのように全体を持ち上げなくても、上前の右側の上部をつまめば大丈夫です。
ちなみに、左褄というのは、芸者さんが右側で上げたものを左手で左側に寄せて持つしぐさです。間違っても、素人さんがマネしないでください。(恭)
 

■寸法の合わない着物、帯■

着物は、洋服に比べれば、体型の増減があっても、合わせることの出来るものではあります。
ただし、衿がはだけてしまったり、裾が開いてしまったりするほど合わないものでしたら、それはみっともないものです。
帯丈(長さ)も短いと、手先がお太鼓から出せなくて、お太鼓がぶかぶかしてしまいます。
自分に合った寸法のものを着ることは、周りの人にも、さわやかな印象を与えます。(恭)
 
 

■裄の合わない着物■

袖口から長襦袢が出ているのは、みっともないものです。
あるお客様がリサイクルショップで、長襦袢の袖が出ているのを「かわいい」とすすめられたそうです。
世の中に、それをかわいいという人が増えたら、何とみっともないことでしょう。
きちんとした日本人は、きちんとすることが美しい(今風でいえばカワイイ)のですから。(恭)
 
 

■胸■

着付けの着物は、洋服と違い、胸や腰を強調せずに着るほうが、品がいいのです。
洋服と違い、直線裁ちのものですから、ずん胴のほうがしわもたくさん寄りません。
帯の上に胸がのったようでは、品がないのです。
ボリュームのある方ほど、胴に補正をするとより大きく見える、といやがられますが、胸、腰を目立たなくするよう胸に補正すれば、スマートにすっきり見えるものです。(恭)
 
 

■着付けの道具1■

昔は、お正月に、新しい着物や帯を新調したものです。それが出来なければ、せめて半衿や足袋を新しくすると、清々しく新年を迎えられます。
それと同じように、結婚式などお祝い事に出るときは、半衿や足袋を新しいものに代える気持ちが、相手に対してお祝いの言葉になるのです。(恭)
 
 

■着付けの道具2■

着付け教室の生徒さんには、どんなものが使いやすい道具(小物)か、教えています。
着付けを頼まれたときにも、使いやすいものですと、スムーズに上手に仕上げられます。
古いものを大切に使うのは、美徳ですが、クシャクシャになった、色も変ったような腰紐や帯揚げで着付けなければならないと、気も乗らないものです。
着付けを頼むときには、着付け師が気持ちよく着せてくれるように、心遣いをお願いしたいものです。(恭)
 
 

■はおる■

冬なのに、ショールなしで歩いてる人を結構見かけます。
冬のコートがなかったら、せめて大きめのショールを肩にはおってください。
着物だと、重ね着をして暖かいという人もいます。
ですが洋服でも冬、コートなしで歩いている人は、寒々しいでしょ。着物も洋服と同じなのです。
同じ日本なのだから、同じように四季に合わせた着方をする、それが日本人の鋭い感覚を養わせてきたのです。
冬だけではありません。礼装のときも、上にコートをはおります。
礼装の着物を汚さないようにするためと、周りの人に気を使わせないためでもあります。
車中や喫茶店のなかなどは特に、はおったままのほうが、周りから浮き上がらずにすみます。(恭)
 
 
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る