本文へ移動

恭子のいい(良い)加減着物術

着物でお出かけ

毎日の着物暮らしの中から生まれたいい加減(良い加減)着物の術をお教えいたします。

■寒さ対策…足もと■

足袋は、ネル裏にします。それでも寒ければ、足袋カバーをその上にはくといいです。
下半身の寒さは、昔だったらネルのお腰というところでしょうが、今はヒートテックのズボン下、スパッツなどかさばらず、温かいものがあります。
脛(すね)は、階段などで足を上げれば見えてしまうので、7~8分丈のものがいいでしょう。
私は寒がりなのに脛は生足、ズボン下が見えるよりやはり生足のほうが、色気があると思いますので、ヤセ我慢!
どうしてもでしたら、肌着のパンティストッキングの指先をつまんでさしこみ、その上から足袋をはくことをおすすめします。ただし、静電気は起きやすいでしょう。(恭)
 
 

■寒さ対策…関節■

ひじの関節、ひざの関節、ここを暖めると寒くないものです。
私は、ひじとひざに、発熱サポーターをはめて外出します。これですと、外出先でもし暑くなってきたらそっと外せます。
逆に、人気のない夜道にきたら、人目を気にして上まで上げていたひじ、ひざのサポーターを充分のばすことが出来ます。(恭)
 
 

■寒さ対策…胴・背・肩・首■

紬地の「つぼ折れコート」
腰の辺りは、補正道具の中にホカロンのようなインスタントカイロを入れると、ちょうど腰のへこみの補正になります。
肌に近いところですと、低温やけどになりますので、ご注意ください。
 
背中は、帯枕の裏に、貼れるカイロをつけます。冷え防止にちょうどいい「ツボ」のところに当たります。
 
肩が暖かいと、背中全体がほかほかするので、厳寒のときは、羽織を着てからコートをはおります。それでも寒ければ、ショールを肩にかけてからコートをはおると、より暖かくなります。
 
最近の若い人たちは、洋服と同じように、マフラーを首に巻きつけたりしますが、せいぜいウールくらいの普段着どまりにしたいものです。こういうスタイルは、昔は男の人だけでした。
丁子屋オリジナルの「つぼ折れコート」「和洋コート」ですと、衿巾が広いので、衿をたて、首周りの寒さを防ぐことができます。(恭)
 
 

■エコな着物■

和服は、直線裁ちのため、使用後もいろいろなものに変身します。
白い半衿→色衿→丈の中心部を輪に縫って、石鹸を入れれば浴用タオル 
メリンス長襦袢→腰ひも
羽織→帯
羽織裏→帯
羽織ひも→ケイタイストラップ
帯→テーブルセンター、敷物
着物→コート、羽織、帯
(恭)
 
 

■暑さ対策■

着物の打ち合わせを、ゆったり合わせると風が通ります。
帯も多少下目にすると、身八つ口から風が入ります。
足袋は、綿キャラコでない、化繊の伸びる足袋のほうが、薄手で涼しいです。
足回りは、汗でもたつくので、綿クレープか麻のステテコにします。
襦袢は、夏なら洗える素材(竹繊維入り化繊、海島綿、麻など)にするので、肌着は省くことが出来ます。 補正で胸を押さえるか、あるいは和装ブラジャーが肌着の代わりです。
麻の帯枕や、紗の伊達締め、メッシュの帯板など、空気を通す小物を使います。
長襦袢までのものを、こうして涼しくしておけば、洋服より風が体の中を通り抜けていきます。(恭)
 
 

■雨対策…ドシャ降り■

近頃は、突然ピンポイントのスコールが降ります。
雨の予報があれば、襦袢、着物は、洗えるポリエステルとか、植物繊維の麻とか綿にし、帯はやはり麻とか綿にしておきます。
大降りなら、モンペと長雨コートにカバー付き雨草履。
横殴りの雨なら、足袋も脱いで裸足になります。
雨コートは時々防水が効いているか、水をたらして確認しないと、いざというときに浸み込んで、役に立ちません。業者に出すか、防水スプレーをかけておきましょう。
雨の日は、和服はやめる人が多いのですが、下までスッポリ覆う和服の雨コートのほうが余程安心なのです。(恭)
 
 
 
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る