本文へ移動

2.夏のきもの■涼しく着る工夫

きものの季節では、6、7、8、9月を「夏」といいます。
この四ヶ月間は、単衣(ひとえ)の着物を着ます。単衣というのは、裏地をつけない仕立て方、あるいは裏地がついていない状態をいいます。
この四ヶ月は、6月9月の初夏初秋と、7月8月の盛夏に分かれます。
原則として、6月9月は「透けない単衣」、7月8月は「透ける単衣」(うすもの)の着物を着ます。
帯も同様で、盛夏には、紗(しゃ)や羅(ら)のような透ける素材のものを締めます。
 
最近では、地球温暖化の影響でしょうか、ひと月くらい季節が前倒しになっていて、昔通りの暦では、現代生活にそぐわないこともたびたびあります。
私たちも、5月の連休が過ぎ真夏のように暑い日には、紬や縮、化繊などの単衣の着物を着てしまいます。
昔からのしきたり(5月末まで袷の着物)よりも、着心地や見た目の涼しさを優先するからです。
ところがこうしたことに抵抗を示すのが、案外業界のひとに多いというのも困ったことです。紺屋の白袴で、実際は毎日着ていないから、実感がないのでしょう、なんてこちらは考えています。
絽の訪問着に夏袋帯、結婚式に出席する夏の礼装のひと揃い
夏の普段着、綿麻の着物に羅の名古屋帯

素材いろいろ…絽や紗以外の素材に夏きものの醍醐味

夏物の素材というと、を思い浮かべる方が多いと思います。
「うすもの」といわれるように、糸目を透かして織る極薄手の絹織物は、いかにも涼しげです。
なかでもは、6月から9月まで夏の間中着られますので、一枚目の夏の着物としては便利なものでしょう。
ただ、の着物は、どちらかといえば、ややよそゆきの雰囲気があります。もう少しカジュアルに着たいという方、また以外の夏物素材をお探しの方には、次のような素材をご紹介します。
  • 夏大島
  • 夏結城
  • 琉球絣
  • 明石縮
  • 絹紅梅
以上は、絹織物です。そのほかに、
  • 小千谷縮(麻)
  • 綿麻交織
  • サマーウール
  • 綿シルク
などがあります。
 
ところで一口にといっても、最も一般的な横絽を始め、たて絽、絽ちりなど、また平絽に対して駒絽といういいかたもあります。「横」とか「たて」とかいうのは、絽目(透けた織り目のこと)の方向を表しています。
夏帯の素材も、着物と同様透けたものが中心です。紗、絽、絽つづれ、麻、生紬、献上などです。
 
いずれにしても夏のきもの姿は、はた目に暑苦しく見えたら台無しです。
高温多湿の日本の夏では、きものも織り方、文様、色彩に特別の工夫を重ねて、見た目の涼しさを求めてきました。その工夫が、ほかの季節と違って一段と情趣を醸し出し、夏にきものを着るひとを際立たせるのです。
夏大島
夏結城
琉球絣
明石縮
小千谷縮
綿麻縮

涼しく着る工夫

これまでお話ししたように、重ね着をするきものは、寒さには強い。
一年を通じてきものを着ている私たちも、頭を悩ますのは、夏の湿気を含んだ暑さです。
もっとも着てしまうと、思いのほか涼しいものです。衣紋、袖口、脇の下、裾、と開口部が多いので、おなかのまわり以外は風が通るのです。
ですが、たしかに着ている最中は暑い。そこで、少しでも涼しく過ごせる工夫をお話ししましょう。
 
■着る手順
盛夏以外は、<下着→補正→襦袢→着物>の順番で着ますが、暑くなると、あちこち省略します。ただし、汗取りの役目もする補正タオルは必要です。
また、透ける着物ほど中が映りますので、ある程度はきちんと下着類をつけないといけない、ということは、見た目ほど本人は涼しくないということになります。
 
  • 下着は、肌着と裾よけがつながったワンピース式の「ゆかた下」和装スリップをつけます。その上に補正のタオルを巻き、長襦袢を着ます。
  • さらに暑くなれば、ゆかた下や和装スリップを省略して、体にじかにタオルを巻き、長襦袢を着ます。このときには、着物のほうに、長めの「居敷当て(いしきあて)」をつけておけば、下半身が透ける心配はありません。(居敷当てとは、単衣の着物の裏に補強のために縫い付けておく布地のこと。縫い目のほころびや表地のたるみを防ぐためにつけますが、透けるうすものには、裾よけの役目もはたし、下着を一枚省略できます)
  • また長襦袢の代わりに、半襦袢を着てもいいでしょう。下は、裾よけかステテコをはきます
組み合わせはさまざまですが、いずれにしろ半衿を出す着物(浴衣は本来襦袢を着ない)では、襦袢を着ないわけにはいきません。
 
■襦袢の素材
そこで、襦袢の素材が問題になってきます。
絹の絽は、涼しくて肌触りがいいのですが、手入れが大変。普通自分では洗えませんし(一部ウオッシャブルもある)、汗じみが残りやすい。 
私たちもいろいろな素材を試着してみた結果、着心地(涼しさ)、手入れの簡単さ(洗濯機で洗えてアイロンもいらない)、価格の点で、次のものが残りました。今のところ、皆さんにもこれをおすすめしています。
なお、夏の襦袢は、透けた着物の下に着用しますので、色は白のみです。
 
  • 海島綿
  • 竹繊維入りポリエステル
  • 麻混ポリエステル
 
海島綿は、最高級の綿。涼しさ、肌触りはいいのですが、お値段が少々高い。天然素材ですので、じかに着る方、デリケートなお肌の方にはおすすめです。
一般的なのが竹繊維入りのポリエステル。かつてのポリエステル繊維は、いかにも石油系の化学繊維といった感じで、空気を通さず、ポリ独特のむーっとした暑さがありました。この竹繊維はレーヨンなのでさらりとしていて、お値段もお手頃です。
さらに去年あたりから、このポリエステルに麻が混ざった素材が出てきて、一段と涼しくなりました。
天然素材の麻は、ひやりとして気持ちがいいのですが、しわになりやすいことと、絽のような柔らかい着物には、ごわっとした(それが涼しさのもとなのですが)風合いが沿わないのです。
 
私たちは、よそいきの着物でも上記の襦袢で間に合わせてしまい、余程のことがなければ絹絽の襦袢は着ません。
 
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る